睡眠は、美容と健康とに関係に非常に関係あるものです。

睡眠は美容と健康に関係のあるものです。

美容のためにも、よい眠りは大切です。

湿度・温度・ひかり・音が睡眠の質に影響する事となります。

脳の温度である深部体温を下げることで、よい眠りにつく事ができるのです。

風邪をひいている分けではないけれど、アイスノンで頭冷やして良い眠りにつくことも効果あるものとなります。

血液が多く脳にいくと眠ることができない事となり、血液を手足やからだにまわすことで安眠できる様な状態となります。

そして体温が適度に下がることで、成長ホルモンが分泌されるのです。

8また美容に湿度も関係するものですが、寝室の湿度は50%が理想です。

冬は寝室も乾燥しやすいために、加湿器で湿度が高くならないようにすることなど良い眠りにもつきやすいのです。

湿度を50%前後にすることは、お肌の潤いを保つだけではなく、感染症も予防できるのです。

正しく睡眠できることで、カロリーが消費されてダイエット効果があります。

睡眠で成長ホルモンが分泌されることで、余分な脂肪を分解されるのです。

脂肪を分泌するレプチンが、ホルモンが増えないように食欲をおさえるのです。

消費カロリーとは基礎代謝や日中に動くことで消費されるエネルギーのことです。

寝ているだけでも消費されるカロリーを基礎代謝と言いますが、全体の60%〜70%を占める事となります。

睡眠時間が少ない事は、美容のためにもよくないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です